トップB

トップA

ユーキャンの教材なら安心♪
↓↓↓↓↓
生涯学習のユーキャン

教材が良いと話題のBrushUP学び☆
↓↓↓↓↓

ネイリストとして開業するには

ネイル関連の仕事についているなら、そのうち開業をしたいと考えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?

働くペースも自由に決められますし、しっかり働ければ収入も雇用されている時より増えますよね。

店舗の雰囲気などもも自分の好きにできますし、自分の力で営業していくというのはただ単にサロンに努めているより達成感があると思います。

 

ですが開業となるとそのすべてがうまくいくわけではありません。私の周りでも開業したけど続かなかった方がやはりいらっしゃいます。

ではネイリストになるために最低でも備えておきたいことを書いておきますね。

 

開業するために

独学でネイルを勉強して自宅で開業される方もいらっしゃいますが、趣味レベルで自分でやる場合は全然かまわないんですが、いざそれで働くという場合厳しいと思います。薬品でお客様にけがをさせてしまったり、爪の状況を悪化させてしまった場合、はたして責任をとれますか?

開業を考える場合は最低でもネイリストの資格を取得しネイルについて勉強する必要が必ずあります。

 

また、スクール通いからいきなり開業というのもあまオススメはしません。

勿論いくらか練習はしていますが、やはり対お客様となると、対応のとり方って難しいんですよね。

私も最初はあたふたしてなかなかうまくいきませんでした(笑)。

また、あんまり長い時間お客様を拘束するわけにもいけません。

決められた時間で自分の仕事をしっかりとこなせないといけないんですよね。

失敗して信用を無くすとそのお客さんだけでなく、次の仕事にもつながらなくなってしまいます。

 

一番オススメなのはサロンで技術を学んだ後、ある程度固定客を自分で持ってから独立することです。

現場の空気を実際に知っていることは大きなアドバンテージですし、実際自分の店にお客様を迎える際も落ち着いてこなせると思います(もちろん最初は緊張するとは思いますが)。

自分のお客さんも来てくれるので、開店したけど、お客が来ない!…なんてことも避けることができますね♪

 

独立の費用

ネイリストとして独立するための費用ですが、自宅で開業する場合であればさほどお金はかからないと思います。

最低限必要なものは机と椅子、ネイルの材料くらいです。だいたい5,60万+α位でしょうか。

飲食店なんかと比べるとかなり安い費用だと思いますよ。

内装の雰囲気づくりに+αでお金がかかっちゃうとは思いますが、そこは自分の予算と相談してみてくださいね。

ユーキャンの教材なら安心♪
↓↓↓↓↓
生涯学習のユーキャン

教材が良いと話題のBrushUP学び☆
↓↓↓↓↓

トップB

トップA

サブコンテンツ

このページの先頭へ